経営理念

千葉市社会福祉事業団(以下「当事業団」という)は、高い専門性を活かして種々の社会福祉事業を「適切かつ効率的に行うこと」で「千葉市における社会福祉の中核」としての機能を発揮します。

1.ご利用者様本位のサービス提供
(1)
ご利用者様の多様なニーズを十分に把握し、一人ひとりの可能性を尊重した「その人らしい」日常生活がおくるために必要な福祉サービスを提供します。
(2)
ご利用者様が住み慣れた地域や家庭で安心して生活できるよう、「健康」「生きがい」「社会参加」を柱にした活力ある支援を行います。
(3)
ご利用者様一人ひとりのプライバシーを大切にして、主体性や自己決定を尊重し、ご利用者様の立場に立った支援に努めます。
2.地域における社会福祉事業の担い手
(1)
当事業団は、専門性の高い人的資源と永年培ってきた経験を活かし、地域とともに歩み施設づくりに努めます。
(2)
地域の関係諸団体及び教育機関等と連携し、地域の皆さまの理解と主体的な参加を得るための活動に積極的に取り組みます。
(3)
高齢者の介護予防・生きがい対策の充実、障害者の自立と社会参加の促進・地域生活の支援等を通じて、安心して暮らせる地域づくりに貢献します。
3.事業団らしさの発揮
(1)
千葉市の外郭団体として、永年培ってきた信頼と、事業団ならではの専門性を活かし、より高品質のサービス提供を目指します。
(2)
他機関との良好な連携関係を維持することで相乗効果の高いサービスを提供します。
(3)
市の先進的モデル事業への協力や他の民間事業者に受入れられ難い方へのサービス提供を行うなど、市の福祉施設の充実に努めます。

上へ戻る

文字サイズ変更
背景色の変更